Skip to content →

 大好きな「サイタ」の会社を任されるようになった話


「サイタ」の新社長になりました。cyta_logo_normal_a

(プレスリリース)社長交代人事のお知らせ

2016年2月16日付で、「サイタ」を運営するコーチ・ユナイテッド株式会社の社長に就任いたしました。

この記事では、就任の背景と僕自身の想いについて、書かせていただければと思います。

コーチ・ユナイテッドが生まれたのは2007年。今年は「サイタ」が正式オープンして5年、CU社は10年目になる節目の年になります。5年と10年。「サイタ」は高いレベルのレッスンを全国で展開してきたと同時に、多くのアーティストやフリーランス、アスリートや日本在住の外国人など様々なプロフェッショナルやセミプロの能力を思う存分発揮できる土台として役割を担ってきました。

僕が関わってきたのは、2014年春の入社から2年間という短い期間ですが、僕自身もサービスがより便利に、より魅力的にユーザーに伝わるように様々な施策を行ってきました。おかげさまで、僕がチームに入る前と比べて、「サイタ」はサービスとして大きく成長することができました。

「こっぺに、この会社の未来を賭けたい。」

ある日、有安さんと、よく行く焼肉屋でのことでした。

いつもと同じようにビールを注文し、仕事の話などをしていたところ、有安さんから

「今日はとても大事な話がある。」

と切り出されました。

「こっぺに、もっとCU社の中心になって欲しいと思っている。そして、この会社をもっと成長させて、上場できるくらい立派な会社にしてほしい。」「そして、もう一つ。俺はCU社で一線から退く。こっぺが社長になって、この会社をどんどん良い方向に導いていって欲しい。」

僕は、有安さんがこの話をするまでどのくらい考えたのか、悩み抜いた中での結論なのか。「サイタ」のこれまでの苦労を聞いていたからこそ、衝撃を受けつつも、「わかりました。」とだけ返事をしました。

「好き」を仕事にする5年間。

僕は、学生時代から、自分が得意だった「食」の世界で、あらゆるチャレンジをしてきました。

「こっぺ食堂」。お店を1日単位で借りて、自分の飲食店を開ける仕組みを使って、自分自身がレストランを毎週末だけ開いてみたり、「飲食店版airbnb(仮題)」。飲食店の空き時間と、お店を持ちたい人たちを結ぶマッチングサービスをつくってみたり、「35カ国こっぺ食堂」。AirbnbやCouchsurfingなどを使いこなして海外35カ国を巡って、あらゆる家や食堂などで料理をふるまって現地人と仲良くなることで、現地で情報を仕入れて記事を配信したりと、様々なことをやってきました。

5年間、あらゆることをやってきて、メディアに取り上げて頂いたりすることはあったものの、自分は「食」の世界でしっかり身を立てるという所にはたどり着けなかったのでした。さらに、飲食店に怖いお客さんが来て暴れそうになったり、海外では伝染病にかかって死ぬ寸前になったりと、色々と大変な経験もありました。

「好きなことやって、食っていくってのは本当に大変なことだ。」

「個人が大活躍できる、世の中をつくる。」

そのときに思いだしたのが、6年前に少しだけインターンをしたことがあった、「サイタ」でした。当時、「サイタ」は正式リリースする前で、マンションの一室でサービスを磨き上げている最中でした。

「世の中のあらゆるミュージシャン、アーティスト、アスリートなどが儲けられるサービスを作る。」

有安さんからそう聞いて、衝撃を受けたのを今でも覚えています。

世の中は、才能に溢れていると思います。なのに、インターネットは、エネルギー溢れる人たちを活かす土台になりきれていないと思っています。新人カメラマンの給料はとてつもなく低く、寿司職人は何年も修行し、美容師はハサミを持たせてもらうまで3年はかかる時代です。

インターネットの力をもってしても、まだまだ、その流れを変えることはできていません。しかし「サイタ」は、そんな時代でもたくさんの素晴らしいコーチを輩出し続けてきました。そこで、「サイタ」をもっと大きくより良いサービスにし、世界中のプロフェッショナルが大活躍できるようなサービスにしようと、入社を決めました。

 

次の10年のステージに、売上が100倍になるような土台を作る

cu_logo_a

「サイタ」はこの1,2年で、売上が増え、収益も安定するようになってきました。これまでは「サイタ」というプラットフォームをどのように、事業として安定させていくかということで走り続けてきましたが、ようやく落ち着いてサービス自体を深く問い直し、より良いサービスにしていくかということを考えられるフェーズに入ってきました。

しかし、まだ世の中を良い方向に持って行けたとは考えていません。この売上規模の100倍や200倍にして、はじめて胸を張ることができるのだと思っています。

 

「サイタ」事業の転換。Flow型サービスからStock型サービスへ。

gl_logomark_01

「サイタ」は、これまでは先生と受講生を結ぶマンツーマンレッスンのプラットフォーム事業のみでしたが、マンツーマンやオフラインでのレッスンという領域を超えて、大きなチャレンジをしていきます。

日本最大級の習い事サービス「サイタ」が、グループレッスン事業をスタート

先日、リリースでも発表したように、グループレッスン事業をスタートしました。その内容には、以下を盛り込みました。

・受講生向けメディアの開始
 レッスンをその場で行うだけでなく、レッスン内容をすべて映像や写真、音声などでコンテンツ化し、自社メディアで配信いたします。受講生の振り返り資料として使えるだけではなく、カメラを学びたい多くの方に届けられるように公開いたします。

このグループレッスン事業は、ただ1対1レッスンが対集団になったというわけではなく、「オフラインで、板書で教えるような古い」イメージのある習い事を、インターネットとモバイルデバイスを活用してStock価値のあるサービスへと一新していく挑戦の第一歩と位置づけています。

プロの仕事や、教える現場は資産に満ち溢れています。実際に僕が「サイタ」でレッスンを受講してみて、その素晴らしさに感動しました。しかし、なかなかそれを有効活用できるようにはなっていません。

「サイタ」は、これまでの講師と受講生を結びつけるFlow型のプラットフォームだったものから、レッスンをすればするほど資産が溜まっていくStock価値のあるサービスへと変えていきます。

世界と戦えるサービスを10個つくる。

また、「サイタ」は、「レッスン」という切り口でしかありません。世の中では、物流や商品取引、あらゆるサービス提供があります。「レッスン」という切り口を超え、個人が大活躍できるようなサービスをこれから、山のように生み出しつづけていきたいと考えています。

美容や健康、食、ものづくりなど、日本には世界に誇れる文化や産業が沢山あります。あらゆるノウハウや技術を、コーチ・ユナイテッド株式会社を通して、世界に向けて発信できる土台を作っていきたいと思います。

株式上場

会社としても、強いチームにしていかなければなりません。そしてもっと会社を知ってもらわなければいけません。今の売り上げの100倍、200倍を目指し、上場を数年以内の、一つのマイルストーンとしてガンガン進んでいきたいと思います。

素晴らしいサービスは、素晴らしいチームから

CU社は、僕が入社したときよりも、一層面白いサービスを作っていけるチームになってきました。しかし、まだまだやりたいことに向けて、たくさんの力が必要です。

「サービスを一気に新しいものに変えていく、「サイタ」を上回るようなサービスを作っていく。」

という想いに共感していただける方がいたら、ぜひご連絡をいただければ有難いです。ただし、ひとつだけ条件があります。一緒に頑張っていきたい人は、「つくることができる人」。

特に新しいものを作って、それを壊してでもまた、より良いサービスにしたいという強いこだわりを持てる人と仕事を一緒にしたいと思っています。

「つくる人」であれば、業種は問いません。エンジニアやデザイナーはもちろんのこと、手書きでも、パワポでも、既存のサービスの組み合わせでも、手を動かしてユーザーに見せる回数を沢山こなせる人たちと一緒に仕事をしていきたいと考えています。

Facebookでも、メールでも、Wantedlyでも、ご連絡いただければとても嬉しいです。



 

最後に

CU社を選んで入ってくださった皆さん、まだまだ未熟で失敗もたくさんあると思いますが、頑張っていきたいと思います。どうぞ、これからもよろしくお願いします。

そして今回、このようなチャンスをつくってくださった有安さんに感謝します。これからも、よろしくお願いします。

 

koppeariyasu

写真は、満開の河津桜を背景に、代々木公園で撮影したものです。とても、綺麗でした。


Leave a Comment

モスクワで食べたエッグベネディクトはイクラがたっぷり。


日本を再び離れて2日目。長い移動と初日からのタフな食事からゆっくりと体を休ませて、街の散策へと出かける。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA それにしても、モスクワは本当に綺麗だ。建物の作りや、池のひとつまで、一つ一つが綺麗に作り込まれている、という感じだ。OLYMPUS DIGITAL CAMERA アパートも黄色と白色の石造りの綺麗な建物だ。OLYMPUS DIGITAL CAMERA 歩いていると、なにやら見た事あるようなお店を発見。

日本でも有名な「メゾン・カイザー」だ。ロシアにも進出している。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 歩く人が本当に美人。OLYMPUS DIGITAL CAMERA友人と合流し、カフェに入る事に。軽くお腹がすいていたので、何かロシアっぽい料理はないかと探し、「エッグベネディクト」を注文。清々しい朝にこういった料理を食べられるのは幸せだ。

追加で、ピロシキも注文。ロシアの伝統的な家庭料理。これも楽しみ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAロシアというと、どうしても計画経済とか、社会主義なイメージがどうしても残っているけれど、レストランは本当に作り込まれているお店が多かった。特に寿司屋。飲食店の3割くらいは寿司屋何じゃないかと思えるくらいのロシアでの寿司ブームはすごかった。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 注文した、エッグベネディクト。

うまそう!!なんとイクラが乗ってるエッグベネディクトなんて初めてだ。これはいかにもロシアらしい。下に敷かれているパンケーキと一緒に食べる。

こんなのがまずいはずが無い。100点。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 続いてピロシキ。

テッカテカに光るピロシキによだれがでる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA さっくりと、2つに割るとマッシュルームとひき肉のミンチがたっぷりと。

じんわりと油がしみ出す感じが、寒い寒いロシアでのカロリーのとりかたなのかな。これも美味しかった。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA制服もかわいい感じになっている。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA2日に渡り案内をしてくれた友人に御礼をして、一人街の散策へと出かけた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA左には商業施設がたくさん並ぶんだけど、右はマンション群。いかにも社会主義っぽい団地がいまだに残っている笑

モスクワは、こういった数十年前の建物と新しい建物のコントラストがすごい。

歩き続けると、橋が見えてきた。風がとにかく強くて、ダウンコートでやっとこさしのげるほどの天気。北ヨーロッパもそうだったけど、北部地域は秋の風が異常に強い。OLYMPUS DIGITAL CAMERA この景色!建物がミニチュアに見えてくるくらいなんだけど、川も建物もとてつもなく大きい!

出身地でよく見ていた、福岡の中州なんかとは比べ物にならないな。笑OLYMPUS DIGITAL CAMERA車の交通量もとにかく多い。日本の国産車がよく見られて、トヨタやレクサスがごろごろと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 街を抜けて公園へ。ここあたりは秋を感じさせてくれた。葉が落ちたり、紅葉を見せてくれたりする中、小鳥が飛び交う。

 

気付けばもうすぐ飛行機に乗らなければならない!

ゆっくりしている暇もなく、空港へ向かう。ロシアはトランジットで寄っただけだったのでビザも長くないので失敗も許されないのだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 地下鉄に乗ってエアポートライナーに乗り換える予定。すると、地下鉄の駅がすごいすごい!

日本のメトロなんて比べ物にならないくらいの造りだ。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここにもロシア美人!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地下鉄に乗り、経由駅であるベラルスキー駅へと向かう。OLYMPUS DIGITAL CAMERAエアポートライナーが出ているベラルスキー駅へと到着。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA電車にのり、空港へと向かう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 続いてはフィンランド・ヘルシンキへと向かいます!OLYMPUS DIGITAL CAMERA4、5時間あたりのフライト。雲がとてつもなく綺麗だった!

 


Leave a Comment

モスクワで出会ったアルメニアン・ラヴァーシというパン


モスクワ到着初日。

たっぷりのモスクワファストフードを楽しむも、2日のみの滞在のモスクワ。

今回はビザがトランジットのみでしかゲットできなかったので晩餐は1回のみ。特に気を払ってみつけなければいけない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA夜8時のモスクワ。小雨で道路が光る小路を通り抜けると見つけたお店はアルメニア料理店。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA なかなか入りづらい看板だったけれども、「とりあえず入ってみるか。」と。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 中は、豊かなアルメニアを表すような造りのお店。入店時に上着をウェイターが受け取る時に質問が。

「カネは持ってるか?」

 

若い男性がくるような店じゃないというようなメッセージが含まれているような気もしたけれどもそんなことは関係ないのだ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 値段設定はまあまあ。ロシアの中では高い方だったのかも。メニューが読めないからだいたいの相場しか分からない。

このお店はロシア語のメニューのみ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAまず注文したのは、「牛タンの冷製」。北ヨーロッパやロシアなどではスモーク料理や冷製にした肉料理が多く、このお店でもいくつか用意していた。

ホースラディッシュをつけてさっぱりと食べる。食用のほおずきが添えてあったのはなかなかセンスが◎。

これはアルメニア料理というよりも、ロシア料理というかんじですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA面白いパンが登場。

アルメニアン・ラヴァーシというパンで、薄く伸ばした生地を素焼きにして食べるのだ。

アルメニアはロシアとトルコの中間にある地域で、トルコの食文化に割と近い物がある。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 魚を焼いて食べるのも、南な感じ。ザクロがちりばめられている。OLYMPUS DIGITAL CAMERA実はアルメニアってもっとロシアよりかと思っていたけれども、この記事を書いている今瞬間にトルコ寄りだということを知りました。。

あまり良くない店のチョイスだったかも。でも、アルメニア料理なんて、日本で出会う事はなかなか無いだろうと思う。

 

2時間ほどゆっくりと高校の友人と談笑してホステルに帰宅。11時半になってたのはちょっと夜更かしぎみ、、、

するとホステルのドアが開かない。なんと11時で受付が締まって管理人が帰ってしまったのだ。。

焦りながらドアをノックすると「お前らは誰だ、出て行け。」の一点張り。

突き飛ばして追い出され、とほうに暮れながら連絡をするとなんとかなんとか宿泊できることに。

日本を発って初日。なかなか人を信用してはいけない雰囲気のあるロシアはタフな場所でした。


Leave a Comment

カルトーシュカにブリニ。ロシア・モスクワのファストフードは面白かった。


さらば、日本

デング熱の感染により日本に帰国してから3ヶ月。

帰国した後も、筋肉が断裂した腕のリハビリなどで治療に時間がかかり、6月から8月まではリハビリ期間となってしまいました。

再出発の旅のルールは3つ。ひとつは医者からの命令でした。

1.媒介蚊のいない地域にしか行かないこと(デング熱への再感染は命の危険が高いため。スズメバチみたいな感じです。)これは前提

2.食材を探したい場合は、海の近くへ。調理法を勉強したい場合は内陸へ。

3.美味いものを探すだけではなく、食文化と、食ビジネスの新しい仕組みを調べてくること。

 

この3つ。メインはヨーロッパと中東。合わせて25カ国予定。その第一カ国目がロシア。

 

日本を経ちました。グッバイ、日本。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

これが最後の日本で作られた食事。機内食の寿司が未だに美味しかったのをおぼえているなあ。ハムとの組み合わせで出す所がエアロフロート便っぽい。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA日本のアイスを食べる事ができるのも最後。

 

飛行機に乗って10時間ほど。モスクワ、シェレメチェボ国際空港へと到着。やはり社会主義国的な雰囲気を早速感じる。。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAバックパックを受け取り、いざモスクワの市内へと向かう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

めっちゃくちゃ美味そうな広告。こんなに美味そうなファストフードの広告を見た事が無い。

 

空港について、友人のいるベラルースカヤ駅を目指す。

しかし、空港の中が複雑で全く分からない。。通路を抜ければ良かったのを、外にいったん出てしまったため、セキュリティのチェックを受ける。ここはロシア。英語が通じにくく、文字はキリム文字。読む事もままならない。

 

ちょっぴりおそロシア

OLYMPUS DIGITAL CAMERA エアポートライナーに無事乗る事が出来た。ベラルースカヤ駅で無事、友人と合流できて案内をお願いした。高校時代の友人で、会うのは2年ぶり?とかだったと思う。OLYMPUS DIGITAL CAMERA さすが、ロシア。治安はかなり心配だったけれども、建物はやはり驚かされる。

ちょっとしたショッピングモールも今の時代とは思えないくらいの作りだ。

とりあえず、赤の広場を案内してくれるとのことで近くを散策。

「若者に人気のファストフード店」があるよ、とのことで店へと早速入る。グルメ紀行最初の食事だ。

「kpowka…???」ああ、そうだったここはロシアだった。

 

 

クローシュカ・カルトーシュカ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「クローシュカ・カルトーシュカ」。

 

 

 

ロシアならではのファストフード店で、ふかしたジャガイモにたっぷりのチーズとバターを混ぜて、その上に好きなトッピングをする事の出来る一品だ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAこのように、さまざまなトッピングを選ぶ事ができる。サブウェイみたいだ。

中を見てみると、、やはりマヨネーズやオイルをたっぷりつかった料理が多い。カロリーをしっかりと摂取するのは、寒い地域ならではだ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA店員さんが、チーズを丁寧に混ぜ、トッピングを入れてくれる。

なにやら美味そうだ。OLYMPUS DIGITAL CAMERA9月とはいえ、気温は10度!ロシアは寒い。

そして、シンプルなカルトーシュカをいただく!シンプル!これはビーツのサワークリーム和えをトッピングしたもの。ますますロシアらしい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAアッツアツのカルトーシュカをほおばり、ビールで流し込む!

うまい!これは面白い。原宿とかで普通に売ってそうだ。なによりもジャガイモのファストフードというのが面白い。それが、寒い気候ならではのファストフードだ。

 

ビールを飲みながら(実は、ロシアは屋外飲酒は禁止だったらしい。反省)適度な治安の悪さを感じながら現地のファストフードをほおばるひとときはなんとも感慨深かった.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA赤の広場へと到着。なにやら、すごい!

プロジェクションマッピングの催し物が行われていた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAセキュリティがびっくりするくらい厳しくて、この人数全員の手荷物検査。

やっぱりここあたりはモスクワクオリティ。友人に醤油を手みやげで持っていったのだけど、「液体はダメだ。」とのことで入場できない&再トライを何度も繰り返しやっと入る事ができたのだ。

 

TEREMOKのブリニOLYMPUS DIGITAL CAMERA

夜も遅くなる前に晩飯探し。ホステルの受付に迷惑をかけてもいけないので、ここでそろそろ移動することに。

その道中に今度は、TEPEMOKというファストフードショップを発見。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA なにやら家族団らんで楽しそう。OLYMPUS DIGITAL CAMERA ここはブリニのお店。いわゆるブリトーみたいなものだ。そば粉の入ったクレープに好きな具材をトッピングすることができる。OLYMPUS DIGITAL CAMERA 注文と同時に丁寧に作ってくれるのが特徴だ。OLYMPUS DIGITAL CAMERA パッケージもなかなかカッコイイ。OLYMPUS DIGITAL CAMERAこのように、しなーっとなってしまうけれど、中はサーモンとイクラのブリニ。

これがまた美味いんだ。なんとも食材豊かなモスクワのファストフード。

 

晩飯前にファストフードを2品も。。

これから素敵な食事とたくさん出会うのでした。


Leave a Comment

2012年デング熱・デング出血熱闘病記まとめ


2012年、スリランカ・コロンボからインド・チェンナイに渡って4日目。

デング熱に感染しました。このページでは、デング熱およびデング出血熱に発病、入院、治療までの全てをまとめておきます。

2012年の5月19日から、6月1日までの14日間の記録です。

 

2週間にわたって、デング熱闘病記を書かせていただきましたが、これは自慢したいわけでも、慰めてもらいたい訳でもありません。

アジア・南米・アフリカ地域に初めて向かう全ての人に向けて、2つの想いを込めて書かせていただきました。

 

一つ目は、知らない国には、思っている以上に危険な病気が隣り合わせにあるということです。

僕はある程度下調べをして、出来る限りの予防接種を受けて日本を発ちましたが、それでも知らないコトだらけでこのような事態になりました。この記事を読んで、生半可な気持ちで海外をぷらぷらしてほしくない、そういった思いを込めて書かせていただきました。

・任意保険には必ず加入すること

・予防接種は必ず受けること

 

これは僕からの絶対のお願いです。今回保険に入っていたので大丈夫でしたが、2週間の治療だけでも100万円近い金額が治療に充てられました。保険に入っておらず支払いができなければ自腹どころの話ではなく、そもそも治療をおこなってくれません。くれぐれも注意してください。

 

二つ目は、情報収集の手段として使ってほしいからです。

海外で一人旅や、家族旅をする方は、現地の情報を中々取得することができません。デング熱だけではなく、現地の治安情報、文化などは、外務省の危険情報や観光雑誌だけでは全く情報が足りません。こうして、僕の記録を読んでいただく事で、もし不足の事態に陥ったときなどに活用してほしいなという想いがあります。僕自身も沢山のブログを書かれている方に助けられた事がありました。情報入手手段、危険地域、交通手段、情報の種類は幾多にも上ります。

 

是非、海外に向かわれる全ての方に、読んでいただければなと思います。僕の例を読んでいただくことで、何かしらの解決方法につながるはずです。

 

デング熱の恐怖 感染編

5/19 デング熱に感染、1回目の通院記録。

 

デング熱の恐怖 回復?編

5/20-22 いったん回復した後からの急激な容態悪化。

 

デング熱の恐怖 症状編

5/22 病院のたらい回し、インドの入院制度など。

 

デング熱の恐怖 入院編

5/23 入院から症状の宣告まで。

 

デング熱の恐怖 デング出血熱との闘い

5/24 デング出血熱と診断。痛みに耐える日々。

 

デング熱の恐怖 緊急処置

5/24-26 病状が更に悪化。今回のヤマ。

 

デング熱の恐怖 日本帰国

5/27-6/1 回復から後遺症や日本への帰国など。

 

 

今回入院した病院は、インド・チェンナイにあるアポロ病院という病院でした。詳細は各ページに書かれてありますが、入院後は大変親切に処置対応してくださいました。インドの病院入院はいろいろと手続きが面倒です。一人でやろうとせずにいろんな方の助けを借りてください。任意保険に入っていれば、通訳などを付ける費用も保険が降ります。そういったものは全て活用しましょう。

 

もしご家族が病気に感染されて、このブログにたどり着いた方がいらっしゃいましたら、すぐに現地の大使館や、領事館などに気軽に連絡してください。本当に日本は素晴らしい国です。これでもかというくらいに助けてくださいます。

 

 

ユーラシア大陸食べ歩きの記録ものせてあります、是非お時間があれば読んでいただければ嬉しいです。

 

 

 

 

***

(2014/9/2更新)

デング熱が東京都内で発生したというニュースが報道されております。デング熱や出血熱に関して、気になることなどありましたらお気軽にご連絡くださいませ。

Mail: fk.koppe [a] gmail.com(@に変換してください)


3 Comments