Skip to content →

カテゴリー: こっぺ食堂

こっぺ食堂 in Sri Lanka 焼き鳥レクチャー篇


 

スリランカ滞在3日目。当初は、コロンボではなくゴールというスリランカ最南部に位置するインド人のシェフの家でスリランカ料理とインド料理を学ぶ予定だったのだけれども、本人が出張とのことで断念。

2

しかし、ビーチでの奇跡的な出会いに感謝を込めて、「日本の料理、何か知ってる?作ってあげるよ!」と言ったらすかさず、

 

「YAKITORIと、SUKIYAKIたべたいね!」

 

とバシッドが言う。精肉加工の技術が発達していないこの国ではすき焼きはかなり困難なので、やりやすい焼き鳥を作る事に。

 

と言っても、さっき言ったように精肉の技術が発達していないスリランカ、更に言えばこのファイザール家はムスリムなので、ハラールの基準に合格したお肉しか食さない。

 

 

という事で、丸鳥を一匹購入し、精肉するところからのレクチャー。

 

10

「ここがもも肉だよ〜」「これがレバーだよ〜」「これ手羽先ね。」等と言いながら、精肉にする自分の様子を興味津々に見るお母さんたち女性衆。そこから焼き上げ。

 

6

次女アキーラも手伝ってくれた。

 

本当にいい子だったな〜

7
焼き鳥用の機械なんてものは当然ないので、ガスコンロで直火。なんとか、金網を調達する事が出来たので、焼きを始める。

火加減がなかなか難しい物の、皆で頑張って焼き上げてゆく。

3

「今日の主食は、スプリングホッパーだよ。」

何これ!これは日本で言ういわゆる、ビーフン。米粉で練り上げた生地を麺状に伸ばしたもの。これがまた旨い。ソーメンとかとはまた違った感じで、食感がぷるっとする感じ。

9

 

そうこうしているうちに、1時間焼き上げた末、焼き鳥が完成!

 

35度近い気温の中焼き鳥調理はかなり大変でした。。


5お母さんが作ったサンボルというココナッツと魚の料理、マグロのカレーと一緒に、今日は焼き鳥!スプリングホッパーと一緒に頂きました。

タレを作るのがなかなか難しかったので、輸入食品店で購入した醤油に、お砂糖と酸味を飛ばしたお酢を利用。

酒やみりんは宗教上NG。使えなかったけれども、結構近い味を出す事ができて満足でした。

9_1

バシッドが焼き鳥にはまる様子。料理を手伝う事は滅多に無いみたい。

 

 

そんな、こっぺ食堂 in Sri Lankaとなりました。

 

 

 

 


Leave a Comment

こっぺ食堂 in Bangkok


バンコク6日目。明日が最終日。

この宿にしたのは理由があって、オーナーが飲食店を持っていたからだ。

 

「あなたの家泊まりたい!ついでにキッチン使わせてよ!」みたいなノリで自分の説明をしながら話すと、フレンドリーな方で、ついにこの日に実現。

こっぺ食堂 in Bangkok というかたちだ。
1 “Enjoy”というこのお店のオーナーは、旅行が大好きでいろんな国に旅だってはいろんなカクテルを探してきたのだという。そこで、タイの新鮮なフルーツに出会い、これだ!と思ったのだとか。2 オープンな雰囲気ですごく良いお店だったなあ。3僕も料理をいくつか。これは、蒸し赤貝の魚介サラダ。タイ料理のヤムウンセンっぽくパクチーをアクセントに。5 魚が美味しくて美味しくて。真鯛のポワレ。7

がっつりと料理を作って、オーナーの友人や、その場にいたお客さんたちも一緒に、遅めのブランチ。コンロが1台しかなく、調理出来る物がすごく限られてしまって簡単な物しか作れなかったけれども、10人弱で楽しいひととき。
4

タイ語と英語が入り交じるなんとも不思議な空間。何話したっけなー。日本の話、バンコクの美味しいお店の話、そんな感じだったと思う。

 

 

 

9終止和やかなこっぺ食堂 in Bangkokでした。みんな喜んでて良かった!

 


Leave a Comment

こっぺ食堂 in Saigon


初めて食べたBanh Xeo(バインセオ)は、ベトナムを思わせる本当にフレッシュな食事で、初めて外国で、外国人に作る料理はドキドキした。

ホーチミン滞在3日目。この旅には、1つの個人的なルールをつくっていた。それは、「現地で必ずアウトプットをして次の国へと向かう」というルールで、僕がやり続けていた、「こっぺ食堂」を必ず1カ国1回は行うというもの。
はじめは場所を借りたりなどは、難しいので、今回は、宿泊先にて、ホストやその友人に料理を振舞うことに。それが、やっと今日やってきた。

異国の地で料理をつくるなんてことは初めてなので、買い出しから調理まで、どうやっていけばいいのか、なかなか難しいなと思いながら、今日は地元の市場で買い出しをしたりすることに。

といっても夜までは時間はたっぷりあったので、午前中は、市街地を離れ、ホーチミン市民が住んでいる住宅地方面へと向かう。

覚えたベトナム語は、「カイネイ!(これください!)」という言葉くらい。笑

美味しそうな食べ物を見つけたら、指を指しながらとりあえずこれを言えばなんとかなる。

今日は、どんな世界を見れるのだろうと、ワクワクしながら午前10時すぎ、家を出た。

「おお、やっと旅がはじまったな!」
市街地を巡る事ももちろん、色んな場所に触れるには良いコトかもしれないけど、やはり旅の醍醐味は、知らない地でふと合う偶然の積み重ねなような気がする。

昼のアジアはそこまで治安は悪くないけれど、カメラは出さず、携帯電話でこそっと写真をとりながら、貴重品は持たず、現金とカードを1枚だけ持って、出かける。

歩いて30分ほど。はじめてのアジアの一人歩きに少々おびえながらも、たくさんの生活の様子が見えてくる。
バナナ売りのおじさんが、バナナを売らず道に座り込んでいたり、ベトナム人が日本人である僕をじっと眺めてきたりと、執拗に物売りをしてくる市街地のホーチミンとは、まったく違う景色がそこにはあった。

さらに30分ほど歩くと、おもしろいものが。ベトナムにてはじめて見つけた遮断機。電車は、長距離輸送手段として使われるのみで、現地はバスがメインなので、これを見る事は中々ない。

狭い道を歩いていると、とにかくバイクが突っ込んでくる。ガスの臭い、生ゴミの臭い、そしてバイクの騒音、ホーチミンをいろんな感覚で楽しみながら、歩いていくと、大きな道に出た。

「腹減ったなあ。」
気付けば時間は12時すぎ。ぐるっとホーチミンの住宅街を廻り、市場があると教えてくれた方へと向かいながら、なにかウマいものがないか探し歩く。

「そういえば、フォーを食べていないなあ。」実は3日目にもなるのに、フォーをまだ食べていなかった。でもフォーはみんなが知っている食べ物なので、あまり早くありつきたい、というのはこの日にはなかった。

何か新しいものないかなあ。と、進んでいくと、「Vietnam Pancake」と書かれたお店を見つけた。

おお、ベトナムパンケーキってなんだ!ベトナムってココナッツミルクなどを料理に使う事がおおいので、パンケーキはおいしいスイーツなのかな、それとも、食事としてのパンケーキなのかな。とりあえず入って確かめてみたくなった。

店へと入ると、店員が3人。ここはもう大通りなので、日本人だ!というような顔はされない、慣れた手つきでメニューを持ってくる。

「パンケーキと、このヌードルと、生春巻きをください。」といって3つ注文すると、「お前、食い過ぎだろう!」というような怪訝な顔つきで見てきた。

この顔が不思議でしょうがなかった。

Goi Cuon(ゴイクン)が到着。海老と豚肉、ニラ、レタスなどが入った生春巻きがきた。ピーナッツの特製ソースで食べる。

うまいなあと、思いながら食べていると、何かがテーブルに運ばれてきた。

オムレツのような物が到着した。
一瞬なんだ、と思ったが、周りのテーブルにもどんどん運ばれているのをみて、「これがパンケーキか!」と思った。

周りの客の食べ方を見る。「どうやら、このエゴマの葉で巻くみたいだな。」

中を開いてみた。モヤシ、エビ、豚肉などが入っている。どうやら卵焼きみたいなものかな。

巻いて見る。汁がたれてくるので、ピーナッツのたれを付けて、すぐ食べる。

うまい!!

米粉の生地なのか、これにココナッツミルクと、色づけになにか黄色いものと、ネギが入っている。お好み焼きを野菜で巻いて食べるようなものだ。

気づけば一瞬でなくなっていた。エゴマやドクダミなどを挟んで、さっぱりと食べる。まさしくベトナムの朝食にはぴったりな料理なんじゃないかなと思った。

そしてシメは、Bun Bo Hue(ブン・ボー・フエ)という料理。一見フォーのようだけど、ちょっと違っていて、麺が、平麺ではなくスパゲッティのようなストレート丸麺で、牛肉のだしが使われている。これはシーフードも入っていたけれど、ベトナムにはめずらしい、パンチのあるガツンとした味のある麺だった。

外の気温は33℃。涼しいクーラーの利いた店だからこそ、このヌードルが食べられる。

ベトナムの食事は思った以上にウマいぞ。

ベトナム人にびっくりされた量だったが、ペロリと完食。お会計を済ませて、もう少しで着きそうな市場へと向かう。

ベトナムでは、市場のことをcho(チョー)という。市場には必ず、「cho xxx」といったように、通りの名前等がついていて、日本でいうと、商店街みたいなものだ。ベンタン市場も、cho Ben Thanhだ。

先ほどの大通りから、また道を進み、狭い道へと入っていく。

中々見つからない。こういった看板もVODKAという文字しか分からない。
もしかして道に迷ったのか??

などとかんがえていた所、向かい側になにやら、市場らしきものを発見。

だけども、バイクが邪魔でなかなか通れない。横断歩道なんてものは、この国で成立していないので、そろそろとぶつからないように歩く。

裸のおじさんがお出迎え。向こうにはいろんな食材が広がっている。

全身赤色のタイツをはいたおばちゃん。これは衝撃だった。

やっと市場についた。歩いて3時間ほど。ぐるっと遠回りをしたけれど、観光地ではない、現地の人が通う市場にたどりつけたことは嬉しかった。

無造作にいろんなモノが置かれている。日用品、野菜、フルーツ、肉、などなど。

ここでは、本当にベトナム語以外は通じないだろうなあ。などと考えながら、歩いていく。イタリアンとかが好きだ!とルームオーナーが言っていたので、それに合うような食材を探していく。

とにかく色んな食材が並べられていた。大量のレモン、モヤシ、野ざらしの肉、など、はじめての風景に、鳥肌が立った。

肉屋。日本とは違う、酸っぱい臭いが全面的に広がっている。「腐っているんじゃないかなあ。」とかを思いながら歩き、

「カイネイ!」という一言を頼りにして、色々と材料を買っていった。

野菜、肉、魚と買う事ができた。6、7名のパーティーだったので、なかなか量を調整して買うのが難しかったけれど、なんとか。。

3時すぎに帰宅。7時くらいに来るから、と事前に伝えられていたので、早速料理をはじめることに。

日本の料理がたべたいというのと、イタリアンが好きというのを事前に利いていたので、それをかんがえながら、料理を始める。

大根おろし。ゆずやカボスがないので、ライムでなんとか代用するしか無い。

天ぷらをつくろうと思った。しかし、天つゆも難しい。カツオブシもイリコもないこの国で、だし汁に使えられるのは、中国産のシイタケだけだった。

シイタケをなんとか使いながら、天つゆをつくることもできた。

最初は4人が到着。僕を含めた5人でパーティーがはじまる。フランス人、スペイン人、イタリア人がそろい、英語、フランス語、スペイン語、と色んな会話が流れていた。

僕は緊張しながらも、なんとか料理を作り終えて、着席!

「カンパイ!!イタダキマス!」

という言葉を教えて、みんなでその言葉を唱えながら、食事しはじめた。

鶏肉、まぐろをグリルにして、天ぷらは、ベトナムでとることができる野菜やキノコなどを。花ズッキーニの花の天ぷらなど、日本では、中々見る事の無い料理をつくれた。

「おいしいよ!おいしい!このマグロも最高」!

僕にとっての、はじめての海外での「こっぺ食堂」。朝から食材の買い出し、調理と不安なことがおおかったけれど、外国の地の舌にはあってくれたみたいだった。
赤ワインをあけてくれて、ぐびぐびと飲む。

いろんな話をした。みんなの彼氏、彼女などの話、仕事の話、日本の話、こんな環境で、こんなにも外国人とだけ会話をするようなことも僕にとってははじめての経験だった。

これからどんなものが待ち構えているのだろう。

若干な不安と、いろんな期待が頭にあふれていたら、疲れてしまった。

10時すぎには、僕はつかれて、部屋で寝てしまっていた。

明日は、なにをしようなどを考えずに、気づいたら、朝になっていた。


One Comment

1週間限定レストラン「こっぺ食堂」の楽しみ方


こっぺ食堂は、渋谷の宮益坂という坂を上った小さなビルの5階にある、小さなお店です。

それも、3月11日から、17日までの1週間しかオープンしていません。

そんな、1週間だけの、小さなお店の楽しみ方をご紹介させていただきたいな、と思います。

昨日で2日目の営業を終了いたしましたので、1日目、2日目のおはなしと、今日からのおはなしをさせていただこうかなと思います。

3月11日(日曜日)

初めての営業日。1%のワクワクと、99%の不安。99%のワクワクと1%の不安が毎日のように交互に入り交じる中、とうとうやってきた営業日。

荷物の搬入や食材や機材を揃えたりすることに時間を大きく取られてしまい、仕込み時間に余裕がなく、バタバタしてしまった1日でした。


この日のこっぺ食堂のメニューは、

前菜の盛り合わせ

タコのカルパッチョ、クスクスとフェタチーズのサラダ、フリッタータ、自家製〆鯖にとろろ昆布を巻いたマリネ、カポナータ、赤貝とホワイトセロリのサラダ、南蛮エビのグリル、トリッパとひよこ豆のトマト煮込みでした。

とにかくたくさんの前菜を作りました。

パスタ

手打ちのショートパスタ、ブイヤベース仕立て

スープドポワソンをたくさんの魚介から丁寧に取り、そこに魚介を再度いれ、ショートパスタと合わせました。

肉料理

フォワグラと鶏胸肉のグリル。ポルチーニのリゾット添え

デザート

まろやかな自家製ティラミス

 

という4品で3000円という構成でした。本当に原価無視の採算度外視でやっております笑。バタバタしてしまった申し訳なさのため、いつもより多めに提供させて頂きました。

 

 

3月12日(月曜日)

この日は、貸し切りパーティーでした。多くの若く、面白い方たちが集まった素敵な会でした。

前菜やパスタ、メインのお肉料理などを含めて11種の料理を提供させていただきました。1つ目は前菜、各種パテや、サラダなどを。2つ目の写真は、アクアパッツァをパーティー用に作った写真です。ホットプレートの上に豪快に盛りつけ。これぞイタリアンという料理です。お次はスパゲッティーニでつくったボロネーゼ。子供の頃から、ボロネーゼは大好きだったので、若い方には是非という一品。最後は盛りつけが汚くなってしまいましたが、笑。鴨のローストと、クリームのリゾット。フォアグラのオイルとバルサミコのソースで。

35名ほどの方がいらっしゃり、本当に素敵な会でした。

 

そしてこれからは、今日からの予定です。

3月13日(火曜日)

18:00~20:00

通常営業をいたします。3000円のコースで、楽しんで頂ければなと思います。前菜からパスタやお肉料理まで。デザートは当日の状況により提供するかどうかが変化いたしますが、ご容赦くださいませ。ですが、お値段以上にお得な料理をそれぞれ出せるようには努めます!

ご予約はこちらで承っております→こっぺ食堂予約フォーム

20:00~23:00

僕が月に1回やっている勉強会のため、貸し切りとなります。主に僕の通っている慶應義塾大学の同世代の学生と、その若手のOBの方たちの勉強会ですが、僕が4月3日から出発する旅、グルメ修行についてプレゼンテーションいたします。勉強がメインで料理は付属のようなものですが、毎回しっかり出しています。もしこちらの時間しか来られない方がいらっしゃるようでしたら、@koppe_jpか、fk.koppe@gmail.comにご連絡ください。こちら、飛び込み参加もokです!

 

3月14日(水曜日)

こちらの日も貸し切りとなっております。

17:00-19:00

完全クローズドの貸し切りですので、通常営業はいたしておりません。

 

20:00-23:00

僕の身近な方をお呼びして、僕を日本から追い出す為の送別会を行います。こちらに関しては、僕と関わりのあった方のみを限定として基本的にご招待しておりますが、もしご興味ある方がいらっしゃれば是非ご参加いただきたいと思っております。

【どなたでも】こっぺを全力で送り出す(追い出す)会@渋谷こっぺ食堂にて

こちらのFacebookのイベントで参加者を集めておりますので、もしご興味ある方がいらっしゃいましたらこちらのフォームを参加にしていただくか、fk.koppe@gmail.comにご連絡くださいませ。

3月15日(木曜日)

終日通常営業をいたします!が、ご予約はほとんど埋まっている状況です。21:00~のご予約はかなり余裕が御座いますが、18:00~21:00の時間帯からのお席の予約では、空席はわずかとなっております。21:00~などの2次会向けの大人数の予約等は可能ですので、ご興味ある方は予算等相談に乗らせて頂きますのでご連絡ください!

 

3月16日(金曜日)

20:00以降はご予約で満席となりました為、お受けすることは出来ません。(今日現在までのご予約は受けております。)

18:00~20:00までの2時間のお席でしたら、まだ余裕が御座いますので、お気軽にご予約フォームからご利用いただければなと思います!この日がこっぺ食堂、通常営業では最後の営業日となります。

ご予約はこちらで承っております→こっぺ食堂予約フォーム

 

3月17日(土曜日)

19:30~22:30

こちらの日は、貸し切りパーティーとなっております。通常営業は行いません。Twitter経由で知り合わせていただいた、@obonbonbonさん主催の貸し切りパーティーとなっております。こちらのパーティーに興味のある方は是非、Facebookのイベントページより参加表明をして頂ければなと思います!もし1人ではこっぺ食堂にいけない…という方などでこの日に都合があう方がいらっしゃいましたら、是非こちらのパーティーにいらして頂ければなと思います^^

No Concept Party 「KANPAI!」

 

といった形で営業をさせていただきます!これから5日間営業致します、こっぺ食堂を是非ともよろしくお願い致します!^^

 

お願い

このブログを大切に呼んでくださいました方に2点お願いがあります。

お手伝いの募集

こっぺ食堂では、お手伝いをしてくださる方を募集しています。13日のお手伝いはおかげさまで足りておりますが、15日、16日、17日のお手伝いが若干名いらっしゃればなと思っております。是非興味のある方はTwitterやFacebook、メールのいずれかにてご連絡頂ければなと思います。

荷物の搬出、運搬のお願い

こちらはわりと深刻なお願いです。こっぺ食堂を運営する為に、グラスや食器、調理器具などを私物で持ち込んでおりますので、その機材を家に運び出すお手伝いをしてくださる方を募集しています。(荷物の搬出と車による荷物の運搬)場所は渋谷〜横浜の間です。僕が車の免許を持っていない為に、これができないと、それらを破棄するなどするしかない可能性があります。(搬入、設営は慶應OBの@keddy_yさんがお手伝いしてくださいました!本当に助かりました….)

日時は3月17日、23:00からの荷物の運び出しとなりますので、とても条件の悪いお時間ではあるのですが、翌日が日曜日となっている為にもしお手伝いしてやろう!という優しい方がいらっしゃいましたら、ご連絡頂ければなと思っております><厚かましいお願いですが、何卒よろしくお願い致します。

 

たくさんの困難がありますが、とにかくめげずにこっぺ食堂の営業を頑張っていきたいと思います!!

 

 


Leave a Comment

3月11日、こっぺ食堂でバイオリンを聴きながら食事できます。


こっぺ食堂まであと3日となりました。

大学でずっと親しくしている友人である@tjmtmtkが3/11(日)のディナータイムにバイオリンを演奏してくれることになりました。

もしご興味のある方は是非いらして頂ければなと思います!おいしいイタリアンを食べに是非こっぺ食堂にいらしてください^^

満席となる可能性がありますので、ご予約を事前にいただければ幸いです。

こっぺ食堂の詳細はこちらからご覧になれます!

ご予約はこちらから

 

 


Leave a Comment