Skip to content →

タグ: パッタイ

ディープローカル、バンコク。


 

 

一眼で撮るような写真って、どんな雑誌でも見かけられるし、面白くないんだけど、思いがけず撮った写真は味があっていいなあと思う。もちろん携帯で撮影しているので、画質は悪いけど。

 

治安が悪い場所でカメラを持っていけなかったり。面白くないと思っていた場所が面白かったり。そういう所は携帯で済ましてました。

0

ホステルのばーちゃんと、孫?本気で言葉が通じず、Google翻訳でいちいちタイ語に変換して会話するという荒技をやっていました。世の中すごいな、と思った瞬間。
00このマンゴーなんかも、30円くらいで食べられるのは衝撃。甘ーくて下にはココナッツミルクと砂糖で炊いたお米。一緒に食べると甘すぎてちょっときつい。
1

パッタイを作る屋台。移動式で、頼めばすぐに作ってくれる。食べられなかったのが残念、、
2 3写真撮るのに25円とる商売。みんなカメラ構えてて誰も徴収されてなかったけど、色々食わされた。
4

タイで一番ウマかったのは、これ。
ホステルの周りを歩いていると、ひときわ人が多い食堂を発見。
ニンニク、ナンプラーなどでローストしたアヒルを、カオマンガイみたいな感じで食べる。アヒルって食べる部分少なそうなのだけど、意外と肉厚でお肉が超柔らかい。20秒くらいで食ってしまった気がする。笑
5 6 臓物とセロリのスープが付いてきた。これもウマかった。7やはり仏教の国なだけあって、お坊さんが多い。まず第一優先にお坊さんが食べることができる仕組みになっていて、他の客はその後。ここのお店はこのダックライスオンリー。

それでもこの客の入りはすごかったな。
8 9

 

近場で飲んだ時のトムヤムクンと、ヤムウンセン。これは日本でもおなじみだけど魚(雷魚、ボラ)が意外と臭くなくてウマかったな。でも半端無く辛かった。
13

ホステルの前の小路。なんか、この緑と古びたドラム缶に雑多な電線。

この景色が一番東南アジアな感じがして良かったなあ。ALWAYS 三丁目の夕日みたいな世界観で。


Leave a Comment